2018年5月11-13日
フランス
ル・キャステレ/ポールリカール・サーキット

 ACIイタリアンF4の初開催となるフランス、ポールリカール・サーキット。今年は10年ぶりにF1が戻って来るとあり、この週末はまるでフランスGPのプレイベント的な賑わいを見せた。
チームはこの賑やかなレースウィークエンドでMSAアカデミードライバーの#64 オリ・カルドウェルが1勝と2位をマーク。シリーズランキングトップのFDAドライバー #74 エンヅォ・フィッティパルディはややリズムを崩しながらもレース2で2位と最終レースで5位をマーク。シリーズランキングは2位に12ポイントの差をつけてトップをキープする事に成功。もう一人のブラジリアンドライバー、FDAの#5 ジャンルーカ・ペテコフはレース2で4位、レース3は6位に加え、両レースでルーキートップとなりダブルポインを積み重ねた。これによりジャンルーカはルーキーポイントのトップに立った。
#33 ジャック・ドゥーハンはこれがイタリア戦のデビューとなり、こちらもルーキーポディウムに立つ事ができた。

#5,ジャンルーカ・ペデコフのコメント:

全体的に良いウィークエンドでした。FPではちょっとトラブルが有ったけれど、予選で挽回して二番手タイムをマークできました。
レース1はドゥーハンと少し接触してしまったけれど、その後のレース2/3はポジティブな方向に行き、結果も悪くは無かったです。
考え様によってはもっと良い結果も出せたかも知れないけれど、同時にそれは反対に振れたらもっと悪くなるって事だよね?だからそう言う意味では今回のこの結果で及第点じゃないかな?と思います。次はADAC F4なので、そちらに気持ちを切り替えます。

#33,ジャック・ドゥーハンのコメント:

 正直言うと今週は勝てるレベルのペースを出せなかった。
まずレース1でポディウムが見える位置まで来たのに当てられてしまいD.N.F.となってしまった。レース2は路面が完全にウェットで正直、自分には難しかった。英国F4でも雨を経験しているけど、英国のそれとは何もかもが違っていた。レース3はスタートも良くこれはイケるかな?と思ったのもつかの間。”KAMIKAZE”の様に突っ込んで来たドライバーがいてそれで終わりさ。スピンしてしまい結果12位。
 今週は自分の所に幸運はなかったけれど、このクルマの事も学べたし、僕はモンヅァのレースに出るから、その時までに強くなって戻ってきます。

#64,オリ・カルドウェルのコメント:

 良いウィークエンドでした。レース1では良いスタートを切れてすぐにトップに立ち、最後は2位のマシンに5秒の差をつけて勝てました。反対にレース2は全然ダメでした。自分のバカみたいなミステイクで15番手まで下がってしまった。8番手まで回復したところでチェッカー。レース3は2位でチェッカーを受け、ポディウムに戻れて良かったと思います。このフィーリングを次のADAC、そしてACIのモンヅァまで持ち込みたいと思います。

#74,エンゾォ・フィッティパルディのコメント:

 予選は良かった。ペースも良くダブルポールを獲ったと思ったよ。ところがやってしまった。フルコースコーションだったんだ。本当に気がつかなかった。それでポール剥奪…。  レース1は当てられてリアウイングがどっかへ行ってしまったよ。それでD.N.F.さ。レース2のグリッドもレース1でペナルティを喰らったおかげでまたも降格。何とか良いスタートを切り、五番グリッドからスタートし、2位でゴール。最後のレースはペースがとても良かったのだけれどリアタイアがすぐに終了。ズルズルと順位を落としてしまった。何とかプッシュしたけど5位が精一杯だった。
でもトータルで見るとこの週末は悪くは無いです。みんなと協力しながら進める事ができたし、なによりも僕のクルマにはスピードがある。それは事実だ。次のADACに期待しているし、頑張ってアタマを常に冷静に保ちながらプッシュしていきたいと思います。

Media Login

(close)