2018年4月8日

バーレーンインターナショナルサーキット

    開幕戦のレース1。6位・7位のリザルトをマークしたペルタミナ・プレマ・セオドールレーシング。日曜日のレース2はニック・デ・ブリースが5位でフィニッシュし、このF2のレースウイークエンドを締めくくりました。

オランダ人ドライバーのニックは土曜日のレース1と同様、レース中盤にオプションタイヤへと交換し一時は中段へと転落。しかし必死のドライブで他車より2秒速いラップを刻んだものの、5位に上がったところでチェッカーとなりました。

    一方、ショーン・ゲラエルにとって、レース1に続いてまたもや厳しいレースとなってしまいました。インドネシア人のショーンは前日のレースで19位から7位へと非常にポジティブなレースを展開。その結果、リバースグリッドでフロントローを手にし、2番グリッドからのスタートとなりました。しかし残念ながらグリッド上でストールし、ピットへと押し戻されてのピットスタート。その後、ペースも順調にあがり16位で完走しました。

#3 ショーン・ゲラエルのコメント:

我々にとってタフな週末となってしまいました。ポジティブに捉えるならば、まずレースペースは良かった。私たちはこの週末を迎えるにあたりやるべき事は全てやった。しかしこの週末に起こった事をもう一度、調べ上げなければならない。

自分たちのレースペースは早いし、落ち込んでいても仕方ないので次のバクーに向けて気持ちを切り替えます。

#4 ニック・デ・ブリーズのコメント:

レース2のスタートは予選で使ったタイヤを使った。 この為、多少不利な問題を抱えていたので交換しなければならなかった。これはタイトかつタフなレースになると言う事を意味していた。プライムタイヤでのスティントをもう少し長くしたかったけど、デグラデーションが起きていた為それは無理な相談だった。

    当然この結果には失望している。リードを取って前半はうまくやれたけど、それを最良の結果に結び付けていけなかったのは残念だ。しかしトータルで見たら悪くはなかった。やるべき事はやったし、ポイントも取れた。今回は及第点だと思っています。

Media Login

(close)