2018年8月3-5日
ドイツ/ニュルブクリンク

ADAC F4はこのニュルブルクリンクでシリーズ第6ラウンドを迎えた。

 開幕序盤の好調から一転。中盤戦、やや下降気味だったFDAドライバー #74 エンヅォ・フィッティパルディは、ここニュルで2シーズン目の意地を見せ、この週末の全てのレースを表彰台で締め括った。これにより自身のシリーズランキングも2位へと返り咲く事に成功。

 同じくFDAドライバーの新人、#5 ジャンルーカ・ペテコフ。リバースグリッドの優位性を活かし2位を獲得。彼自身のこのシリーズに於ける今シーズン最上位の記録をマークした。

 英国MSAアカデミードライバーの#64 オリ・カルドウェルと、今シーズンはこのシリーズにスポット参加のレッドブルジュニア #33 ジャック・ドゥーハンは共にクラッシュにより戦列を去る、或いは下位に沈むという不運に見舞われた週末となった。

 オリはレース2/3で9-7位。ジャックはレース3で最後尾からスタートし4位まで浮上。関係者の注目を一気に集めたが、他車と接触してフロントウイングが脱落。ピットに入りノーズを交換。戦列に復帰したが12位でレースを終え、まだスピードと結果が一致しないと言う状態ながらも、後半戦に大きな期待を抱かせる結果となった。

 このレースをもってADAC F4は夏休みに入る。夏休み明けは9月22-23日のホッケンハイムの最後の1イベントを残すのみとなり、特にタイトルを狙うエンヅォ・フィッティパルディにとっては万全のコンディションで迎えたい最終戦となる。

#5 ジャンルーカ・ペテコフのコメント:

 今迄で一番良かったレースウィークエンドでした。予選は可も無く不可も無い結果でしたが、レースを終わってみたら5位・9位・2位と良い結果を残せました。特にレース3はリバースグリッドで良い位置を確保。そこからスタートしてそれを活かす事が出来ました。
 これで少し安心できてリラックスした気持ちで休暇に入る事が出来ます。最後のレースでは絶対に表彰台の真ん中に立ちたいと思います。

#33 ジャック・ドゥーハンのコメント:

 この週末の結果はガッカリです。もちろん自分のミスもあったし、アンラッキーな場面も多くありました。練習と予選は少しづつ進化していたけれどレース1と2はあっと言う間に終わってしまった。
 レース3はタイヤ、ペース共に本当に良かった。しかしオーバーテイクの際の接触でフロントウイングを破損してしまい、これ以上、上には行けなかった。

#64 オリ・カルドウェルのコメント:

 今週はまたもや大変なレースウィークエンドでした。
レース1はリタイア。レース2もポイントを取れただけ。最初の二つを事実上落としてしまったので、もうレース3で結果を残すしかなかった。
 そのレース3では何とか7位完走で僅かであったけれどポイントを積み上げる事が出来ました。休みの間に流れを変えて、もっと改善して最後のレースではポイントを更に積み上げたいと思います。

#74 エンヅォ・フィッティパルディのコメント:

 この週末に良い結果を出せて、チーム全体のパフォーマンスと共に満足しています。
3レース連続してポディウムに立つ事が出来て、年間のシリーズランキングでも2位に戻る事が出来ました。
 このウィークエンドは沢山のチャンスがあったし、例えば予選の時もライバルに迫る事が出来ました。
 これから休みに入りますが、その間もこのドイツとイタリアンシリーズの準備を怠る事なく進め、最終戦を迎えたいと思います。

Media Login

(close)