2018年7月6-8日
イギリス/シルバーストーン

予選:

 フリー走行が#3 ショーン・ゲラエル15位、#4 ニック・デ・ブリーズ17位と言う結果に終ったプルタミナ・プレマ・セオドールレーシングの二人のドライバー。
 気を取り直して予選に臨んだものの、ニック11番手、ショーン15番手と言うタイムに留まりトップ10入りを逃す。更にショーンは前回のレッドブルリングでの3グリッド降格のペナルティーを科せられている為、実際は18番手からのスタートとなった。

フィーチャーレース:

 今回もクラッチ問題からローリングスタートが採択され、全車、ダミーグリッドからフォーメーションへと出発。そのままスタートと言う、またもや緊張感に欠けるスタートとなった。
 ニックは前半、猛スパートを掛けて5位まで上がったものの、その後スピードが伸びず、結局7位でフィニッシュ。しかしながらリバースグリッドでのスタートとなるスプリントレースではフロントロー、2番グリッドとなる事から、翌日へと期待を繋げた。
 一方のショーンは中段以降からのスタートとなり、トラフィックに嵌りながらの走行となってしまい、終始バトルを強いられる状況となってしまった。結果、不運にも#19 ランド・ノリス(カーリン)と接触、レースを終えた。

スプリントレース:

 フロントローからスタートのニックは出足から快調で、優勝のふた文字が見えるレースを展開。しかし中盤からタイヤのデグラデーションに悩まされ、ズルズルと後退。最終的には7番手までドロップしたところでレースを終える事となった。
 ショーンに至っては19番手と最後尾からスタートし、ただ走るだけのレースを強いられて16位でゴール。全く精彩を欠いたレースとなってしまった。

ショーン・ゲラエルのコメント:

 予選から大変でした。前回、前々回はペースが上がらず気持ちが萎えるほどでした。
レッドブルリングでは自分が悪い事をしたと言う認識は無いのですが、そこで与えられたペナルティーがこのレースに影響してしまっているのが納得いきません。
 そのような状態ですから何とか挽回しなければと思っていましたが、喜べる基準に達するまではまだまだ遠いと言う事を認識しました。

 レース1はイライラする1日でした。コーナーリングのフィーリングも良かったし、DRSがオープンの時は前のクルマとは0.4秒もの差を一気に詰められるのにオーバーテイクするに至らない。そんな状況でした。
レース後半で自分がポジションを保つ為にミスをしてしまい(他車に)当たってしまいました。

 レース2はただただレースを終わらせて、次のブタペストに向けてベストなソリューションを弾きだす為に走っていました。レースペースは悪く、タイヤのマネージメントも上手くいかなかった。だけどそんな中で前へ進む為に何が必要なのかは少し見えてきました。従って次のブタペスト戦までに全てのデータを分析して、本来僕らがいるべき場所に戻りたいと思います。

ニック・デ・ブリーズのコメント:

 ここ数週間のパフォーマンスについての悩みについて解決策を弾きだしているところ。まだ解決と言う次元には至らずそのまま今回の予選になってしまった。
 今週もまた様々な問題でタイムをロストしてしまった。アタックの最中にセーフティーモードが出てきてしまい、こんな事で本来のスピードを失うのはないよね?

 レース1は11番手からスタートで、これは容易にタフなレースになる事は予測できた。オプションタイヤでのスティントはもの凄くフィーリングが良く、前にいるドライバーを次々にオーバーテイク出来た。
 チームは素晴らしいピットストップをこなしてくれて、ストラデジーも素晴らしいタイミングだった。が、しかし結局、それ以上、ポジションを上げる事が出来なかった。

 レース2はスタートも良かったし、ペースも良かった。それはクルマ全体のバランスがニュートラルなフィーリングでとてもドライブし易かったんだ。けれどタイヤが予想よりも早く終わってしまい、結局、僕がグンターのスリップを上手く使って行くしか無かったんだけど、リアタイアが更に酷くなり、ここからどんどん順位を下げてしまった。残念としか言いようがないです。

Media Login

(close)