4月13日

ドイツ/オッシャースレーベン

2017年、このADAC/ドイツF4に於いてユーリ・ビップスと共にチーム、ドライバーズ共にタイトルを獲得したプレマ・セオドールレーシング。今年もイタリア・ドイツの両FIA-F4のシリーズに参戦いたします。

プレシーズンテストから良いパフォーマンスを発揮したチームは今週は3台体制でADAC F4の開幕戦をドイツ・オッシャスレーベンで迎えます。

今年のドライバーズラインアップはADACとイタリアンで異なり、経験あるドライバーと新人をミックス。今シーズン、二年目のF4に参戦するエンヅォ・フィッティパルディ(ブラジル)はADACにフル参戦。ワイルドカードで複数戦出場した昨年、エンヅォはいきなりポディウムフィニッシュを果たしております。今年は昨年までの経験を遺憾無く発揮し、さらに前進する事を期待します。

エンヅォと共に参戦するふたりの新人、オリ・カドウェル(英国)とジャンルーカ・ペデコフ。

   オリは昨年のブリティッシュF4に参加。その後、シーズンオフに参加した中東選手権では強く印象に残るパフォーマンスを示しました。今シーズンはトップコンテンダーになることを目指しております。

そしてもうひとりの新人、15歳のジャンルーカー・ペテコフ。

こちらはカートレースからステップアップし、初めてのシングルシーターでの挑戦となり、今回のオッシャースレーベンが四輪のデビューレースとなります。

グラジア・トロンコン(チームマネージャー)のコメント:

今年はエキサイティングなシーズンになると予想します。

エンヅォは2017年に学んだ全てを発揮してさらに大きくなると感じていますので、私は彼がトップコンテンダーになると確信しております。

オリーはまだ15歳ですがポテンシャルは十分にあるドライバーなので良いパフォーマンスを見せてくれる事を期待します。

FDAのサポートを受けてるジャンルーカは、カートから初めてのフォーミュラとなりますが、こちらも十分なタレント性があるのですぐにスピードを掴むと思います。

 

今週のスケジュール

4月13日(金曜日) / 日本時間

15:00 – FP1

17:15 – FP 2

22:20 – Q1

22:40 – Q2

4月14日(土曜日) / 日本時間

18:05 – レース 1

23:30 – レース2

4月15日(日曜日) / 日本時間

22:45 – レース 3

 

Media Login

(close)