ペテコフ初の表彰台 フィッティパルディは全戦表彰台でシリーズ2位を維持

2018年8月3-5日 ドイツ/ニュルブクリンク ADAC F4はこのニュルブルクリンクでシリーズ第6ラウンドを迎えた。  開幕序盤の好調から一転。中盤戦、やや下降気味だったFDAドライバー #74 エンヅォ・フィッティパルディは、ここニュルで2シーズン目の意地を見せ、この週末の全てのレースを表彰台で締め括った。これにより自身のシリーズランキングも2位へと返り咲く事に成功。  同じくFDAドライバーの新人、#5...

続きを読む

表彰台独占!ミック・シューマッハ 父の思い出の地、スパで悲願の初優勝!

7月26日-28日 ベルギー/スパ・フランコルシャン 予選(7月26日/木曜日):  前戦のホッケンハイムでのポディウム独占もつかの間。ベルギーの伝統のサーキット スパ・フランコルシャンにやってきたFIA-F3。プレマ・セオドールレーシングは週末に行われる3レースのうち、2レースでポールを獲得し最高のスタートを切る事となります。  レース1の予選はチームが期待した結果ではありませんでした。#8 マーカス・アームストロングがあと一歩のところでポールを逃し、チーム最上位、2番手からのスタート。...

続きを読む

ニック・デ・ブリース、フィーチャーレース初優勝!

2018年7月30日(月) ハンガリー/ハンガロリンク 予選(7月27日/金曜日):  ハンガリーのブダペスト郊外に位置するテクニカルなサーキット、ハンガロリング。FIA-F2 Rd.8はF1のサポートのレースであるこのシリーズですがドイツGPを1ラウンドスキップをし、開催されました。  良い感触のFPの後、続けてプルタミナ・プレマ・セオドールレーシングは予選に挑み、ここでオランダ出身のドライバー #4 ニック・デ・ブリースは最高のパフォーマンスを発揮します。...

続きを読む

伝統のイモラ 3つのポディウムを獲得!

 フェラーリと深い縁で結ばれた伝統のサーキット、イタリア/イモラ。ここでプレマ・セオドールレーシングのF4チームは堅実な走りで今回も着実な結果を重ねる事に成功した。  ブラジルのFDAドライバー #74 エンヅォ・フィッティパルディはシリーズタイトルを視野に入れ、全身全霊をこのレースに尽くし、二度のポディウムを勝ち取る事に成功。レース1こそ4位に終わったものの、レース2/3はそれぞれ3位、2位表彰台を獲得。  またイギリス、MSAアカデミーの#64...

続きを読む

プレマ・セオドール レース2でダブルポディウムを獲得!

2018年7月23日 ドイツ/ホッケンハイム  フランクフルト近郊に位置する歴史のあるサーキット、ホッケンハイム。今回のレースはFormula1 ドイツGPのサポートレースとしてADAC F4がカレンダーされ、大観衆が見守る中、プレマ・セオドールレーシングはレース2で2つのポディウムをもぎ取る事に成功しました。  ウェットの難しいコンデションとなった予選。その後に行われたレース1はさらにタフな戦いとなりました。  ブラジル出身のFDAドライバー #74...

続きを読む

プレマ・セオドールレーシング 表彰台独占!1-2-3-4フィニッシュ達成!

7月13日-15日 オランダ/ザンドボールド 予選(7月13日/金曜日):  オランダ/アムステルダム近郊に位置するザンドボールドサーキットでのレースウィーク初日。プレマ・セオドールレーシングにとって確かな手応えを感じさせる日となりました。チームはFPから他を寄せ付けない走りを見せ、その後に行われた予選1に於いて、中国人初のFDAドライバー #1 周 冠宇がトップタイムを記録。自身のキャリア初ポールポジションを勝ち取りました。またその後の予選2/3ではそれぞれ6番、4番グリッドを獲得し、表彰台を狙える位置につけます。...

続きを読む

厳しいレースが続くプルタミナ・プレマセオドールレーシング シルバーストンも7位入賞に留まる。

2018年7月6-8日 イギリス/シルバーストーン 予選:  フリー走行が#3 ショーン・ゲラエル15位、#4 ニック・デ・ブリーズ17位と言う結果に終ったプルタミナ・プレマ・セオドールレーシングの二人のドライバー。  気を取り直して予選に臨んだものの、ニック11番手、ショーン15番手と言うタイムに留まりトップ10入りを逃す。更にショーンは前回のレッドブルリングでの3グリッド降格のペナルティーを科せられている為、実際は18番手からのスタートとなった。 フィーチャーレース:...

続きを読む

オーストリア/レッドブルリンクでの厳しい週末

2018年7月2日(月) オーストリア/レッドブルリンク 予選(6月29日/金曜日):  オーストリア/レッドブルリンクでのFIA-F2の予選。レッドブルリンクは高低差の大きいテクニカルなサーキットで、残念ながらプルタミナ・プレマ・セオドールレーシングにとっては厳しい週末となりました。ドライバーの#3 ショーン・ゲラエル、そして先週のポール・リカールで初勝利を飾った#4...

続きを読む

マーカス・アームストロング初優勝!            ドライバーランキングトップに浮上

6月22日-24日 ドイツ/ノリスリンク 6月22日/金曜日 予選:  ニュルンベルク郊外の有名な公道サーキット ”ノリスリンク”。濡れた路面の中、トラフィックを懸念し、予選は2グループに分けて行われました。ニュージーランド出身の FDAドライバー #8 マーカス・アームストロングは、この難しい路面コンディションを攻略し、見事レース1のポールを射止めます。クリアラップでのアタックを取れた事もトップタイムを出せた理由の一つです。  一方、同じグループの#4...

続きを読む

ニック・デ・ブリースついに今シーズン初優勝!

2018年6月24日(日) フランス/ル・キャステレ(ポールリカール) 予選(6月23日/土曜日):  ついにF1のカレンダーに戻ってきたフランス/ポール・リカール。サポートレースで行われるFIA-F2に於いて、プルタミナ・プレマ・セオドールレーシングのマシンとこのサーキットの相性は良く、好調なスタートを切れるはずだった。  予選ではポールポジションを獲得すべく意気込んだ #4 ニック・デ・ブリースだったが、マシンのテクニカルトラブルによりアタック中にスローダウン。残念ながらレース1は4列目からのスタートとなった。ジャカルタ出身の...

続きを読む

Macau GP Victories

Media Login

(close)