ミック・シューマッハ ハットトリック達成 ! タイトル争いは三点差で最終戦へ!

予選1 フリープラクティス(FP)の段階から好調な流れに乗ったプレマセオドールレーシング。 1回目の予選(Q1)では FDA ドライバー #10 ロバート・シュワッツマンが今季二度目のポール。それに遅れる事わずか0.047秒差で連勝の波にのるメルセデスのブランドアンバサダーを務める #4 ミック・シューマッハ。...

続きを読む

痛恨のノーポイント チームのホームコースで完敗を喫す

2018年8月31-9月2日 イタリア/モンヅァ 予選:  前戦のベルギー/スパから休み間も無くイタリア/モンヅァへ。グランプリはいよいよヨーロッパラウンドの最後となった。  ここまでシーズン三勝を挙げた #4 ニック・デ・ブリーズはチームのホームトラックとも言うべきこのモンヅァで躓いた。いや、ニックというより、チームが躓いた。  フリープラクティスからメカニカルトラブルが頻発し、殆ど走れず。翌日の予選は朝から大雨。予選の時間にはドライコンディションに戻ったものの、出鼻を挫かれた状態となり結果、予選は十一番手のタイム。一方の #3...

続きを読む

ニック、伝統のスパでポール to ウィンを決め、今期三勝目!

2018年8月24-26日 ベルギー/スパ・フランコルシャン 予選:  予選の最初からセットアップが決まった #4 ニック・デ・ブリーズは、トップタイムをマークするもそのタイムはペナルティで抹消。しかしセカンドベストも二番手に0.4秒の大差を付け他を寄せ付けずにポールを獲得。  一方の #3 ショーン・ゲラエル。練習から続く問題を解決できないまま14番手で予選を終え、更にペナルティの消化でグリッドは17番手と、相当悪い結果となってしまった。 フィーチャーレース:...

続きを読む

ミック・シューマッハ シルバーストンで今季二勝目!

2018年8月17-19日 イギリス/シルバーストン 短いサマーブレイクを挟んでシリーズ第6ラウンド、英国のシリバーストンへとやってきたFIA F3ヨーロッパ選手権。 予選  P.P.から13番グリッドまでが0.4秒以内という激戦の中、プレマ・セオドールのドライバーはレース1/2共にフロントローからのスタートポジションを獲得。  Q1では#1 周 冠宇が、Q2では#4 ミック・シューマッハがそれぞれ二番手でフロントローを確保。  周はレース2・九番手、レース3が八番手。一方のミックはレース1が六番手、レース3が四番手を確保。...

続きを読む

ペテコフ初の表彰台 フィッティパルディは全戦表彰台でシリーズ2位を維持

2018年8月3-5日 ドイツ/ニュルブクリンク ADAC F4はこのニュルブルクリンクでシリーズ第6ラウンドを迎えた。  開幕序盤の好調から一転。中盤戦、やや下降気味だったFDAドライバー #74 エンヅォ・フィッティパルディは、ここニュルで2シーズン目の意地を見せ、この週末の全てのレースを表彰台で締め括った。これにより自身のシリーズランキングも2位へと返り咲く事に成功。  同じくFDAドライバーの新人、#5...

続きを読む

表彰台独占!ミック・シューマッハ 父の思い出の地、スパで悲願の初優勝!

7月26日-28日 ベルギー/スパ・フランコルシャン 予選(7月26日/木曜日):  前戦のホッケンハイムでのポディウム独占もつかの間。ベルギーの伝統のサーキット スパ・フランコルシャンにやってきたFIA-F3。プレマ・セオドールレーシングは週末に行われる3レースのうち、2レースでポールを獲得し最高のスタートを切る事となります。  レース1の予選はチームが期待した結果ではありませんでした。#8 マーカス・アームストロングがあと一歩のところでポールを逃し、チーム最上位、2番手からのスタート。...

続きを読む

ニック・デ・ブリース、フィーチャーレース初優勝!

2018年7月30日(月) ハンガリー/ハンガロリンク 予選(7月27日/金曜日):  ハンガリーのブダペスト郊外に位置するテクニカルなサーキット、ハンガロリング。FIA-F2 Rd.8はF1のサポートのレースであるこのシリーズですがドイツGPを1ラウンドスキップをし、開催されました。  良い感触のFPの後、続けてプルタミナ・プレマ・セオドールレーシングは予選に挑み、ここでオランダ出身のドライバー #4 ニック・デ・ブリースは最高のパフォーマンスを発揮します。...

続きを読む

伝統のイモラ 3つのポディウムを獲得!

 フェラーリと深い縁で結ばれた伝統のサーキット、イタリア/イモラ。ここでプレマ・セオドールレーシングのF4チームは堅実な走りで今回も着実な結果を重ねる事に成功した。  ブラジルのFDAドライバー #74 エンヅォ・フィッティパルディはシリーズタイトルを視野に入れ、全身全霊をこのレースに尽くし、二度のポディウムを勝ち取る事に成功。レース1こそ4位に終わったものの、レース2/3はそれぞれ3位、2位表彰台を獲得。  またイギリス、MSAアカデミーの#64...

続きを読む

プレマ・セオドール レース2でダブルポディウムを獲得!

2018年7月23日 ドイツ/ホッケンハイム  フランクフルト近郊に位置する歴史のあるサーキット、ホッケンハイム。今回のレースはFormula1 ドイツGPのサポートレースとしてADAC F4がカレンダーされ、大観衆が見守る中、プレマ・セオドールレーシングはレース2で2つのポディウムをもぎ取る事に成功しました。  ウェットの難しいコンデションとなった予選。その後に行われたレース1はさらにタフな戦いとなりました。  ブラジル出身のFDAドライバー #74...

続きを読む

プレマ・セオドールレーシング 表彰台独占!1-2-3-4フィニッシュ達成!

7月13日-15日 オランダ/ザンドボールド 予選(7月13日/金曜日):  オランダ/アムステルダム近郊に位置するザンドボールドサーキットでのレースウィーク初日。プレマ・セオドールレーシングにとって確かな手応えを感じさせる日となりました。チームはFPから他を寄せ付けない走りを見せ、その後に行われた予選1に於いて、中国人初のFDAドライバー #1 周 冠宇がトップタイムを記録。自身のキャリア初ポールポジションを勝ち取りました。またその後の予選2/3ではそれぞれ6番、4番グリッドを獲得し、表彰台を狙える位置につけます。...

続きを読む

Macau GP Victories

Media Login

(close)